FP(AFP,2級ファイナンシャルプランニング技能士)取得支援サイト
ファイナンシャルプランナーに合格しよう!!



メールマガジン(無料) ファイナンシャルプランナー試験の概要試験範囲


 ファイナンシャルプランナーの試験範囲は、主に以下の6つであるとされております。


1.金融資産運用

 基礎的な経済学や、銀行・郵便局の金融商品、そして株式・債券・投資信託などの資産運用方法に関する問題が中心です。


2.不動産

 不動産に関する法律(民法、宅地建物取引業法、建築基準法、借地借家法、不動産登記法)、そして不動産に関する税(譲渡所得税、不動産所得税、固定資産税、不動産取得税、印紙税、消費税)などが中心です。


3.ライフプランニングと資金計画

 ライフプランニングやリタイアメントプランニングに関する問題(ライフイベント表・キャッシュフロー表・6つの係数など)、そして公的年金・社会保険(国民年金・厚生年金・健康保険・雇用保険・労災保険・介護保険など)に関する問題が中心です。


4.リスク管理

 生命保険や損害保険に関する問題が中心です。


5.タックスプランニング

 所得税・法人税・住民税・事業税・消費税が出題範囲ですが、所得税が中心に出題されます。


6.相続・事業承継

 相続に関する法律(民法)、相続税、贈与税などが中心です。



 実際に試験勉強をすればおわかりになると思いますが、税金に関する問題は「5.タックスプランニング」に限らず、全試験分野において出題されております。ここがポイントでしょう。


 あと、実技試験になれば「FP総論」も試験範囲に入ってきます。これはファイナンシャルプランナーとしての倫理・コンプライアンスやプランニングプロセスに関する問題が出てくるのですが、それほど難しくはありませんので点を稼げる分野であります。




ファイナンシャルプランナー試験の概要へ戻る

トップページへ戻る
 

「FPに合格しよう!」シリーズ
 FP試験に関する問題をメールマガジンにて配信しております。試験勉強にお役立て下さい。ご登録は無料

詳しくはこちら!
メニュー
ファイナンシャルプランナーとは?
ファイナンシャルプランナー試験の概要
資格取得のメリットと活用方法
試験に合格する方法
ファイナンシャルプランナー試験問題集
ファイナンシャルプランナーの資格スクール
合格後について
独立系FPの実状

運営者情報

お問い合わせ(メール)はこちらから(お名前のないメールには対応致しかねます)

関連サイトリンク集

その他リンク集

相互リンク依頼についてはこちら

Copyright(C)2006- 「FP取得支援サイト「ファイナンシャルプランナーに合格しよう!」」 All rights reserved
運営:FP事務所ライフタクティクス
当サイトの利用規約サイトマップ